2010年04月19日

担任平手打ち11歳男児 両耳の鼓膜破れる


 福岡市東区の市立小学校で昨年10月、20代の男性教諭が、担任し

ていた当時5年生の男子児童(11)の顔を平手打ちし、両耳の鼓膜

を破る大ケガを負わせていたことが18日、同市教育委員会への取材

で分かった。市教委は教諭の処分を検討している。



 市教委によると、教諭は昨年10月8日、同じクラスの女児が「男

児に追いかけられる」と訴えた際、男児が認めなかったため、顔面

を2回平手打ちした。



 教諭は「感情的になって叩いてしまった」と話し、校長と一緒に

男児と保護者に謝罪した。



 本当に男児が嘘を言っているのであれば、ある程度の体罰は必要

でしょう。強情だとすれば‥


 ただその加減が間違っていたのでしょう。大怪我につながったっ

てしまったのは不運なのか?それとも必然と起きてしまう状況なの

か?わかりませんが、どうも感情的に「カッ」なってしまって手加

減ができない人が増えている。怒っていても自然と手を抜いていた

ものですね。昔の大人は‥




この記事へのコメント
親が子供を殴ったりするニュースがあるたびに、「この親酷い」とか「バカ親死ね」っていう人は多いんだけどさ…。

学校で教師が生徒を殴ったりするニュースが起きた時には「こんなの俺達の時代では当たり前だった」とか「バカ生徒死ね」っていう体罰肯定派がワンサカ出る謎。

なんか納得いかないんだけど…。

親の暴力は駄目で、教師の暴力はいいの?

それってダブルスタンダードじゃないかなぁ?
Posted by 都筑てんが at 2010年05月19日 17:09
コメントありがとうございます。
たしかに自分の子どもをしつけるのがだめで、先生ならいいという流れはありますね
 親が教育放棄しているのか?でも先生もね‥
 昔ならなら親父に殴られたことあったろうに‥それを肯定しないのは行き過ぎだからでしょう。
Posted by at 2010年05月20日 12:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146980172

この記事へのトラックバック
どんどんなぞが解明していく自閉症(まとめ記事)
自閉症に最新情報を掲載しています。