2014年07月01日

<自閉症生徒いじめ訴訟>千葉市、200万支払いで和解だが 

<自閉症生徒いじめ訴訟>千葉市、200万支払いで和解 教諭らの安全配慮不足認め謝罪

 和解内容はほとんど勝訴のようなものですが、なぜ

加害者生徒の親に対し訴訟しないのか?税金から支

払われるのはちょっと違うような気が。 

 しかしながら頭蓋骨骨折はいじめではなく傷害事件

でしょう。
この記事へのコメント
千葉市教育委員会主催の事業であり継続性の無いいじめ、13歳以下(刑事罰は実際に手を出した1名)(触法少年)入学当時から障害について開示し参加にあたっては前もって教師に相談を行った。教師は体調異常を認識しつつ夜はビニル袋を与え放置病院にへの診察・保護者への連絡は27時間後、その時の診断名は頭部打撲・後頭蓋骨接・急性硬膜外血種・脱水症・頭位へんかいめまい症、病院に駆け付けた両親への説明は「自分で頭を床に討ちうけて骨折した」です。言葉は「今後このようなこと…」とコメントしているが、影では同年に農林水産省・オーライ!ニッポン会議」に応募し大賞を受賞した。以上が裁判に至るまでの一部です。継続性のない四泊五日の三校合同の行事でまったく知らない児童だけの宿泊で起こった事で、親に請求は難しい特殊なケースです。高機能自閉症の我が子が思い出すのも嫌がるうえ上手には説明ができなかったので真実を一つでも知るために出来る事が安全管理義務違反でした。
Posted by at 2014年07月09日 19:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
どんどんなぞが解明していく自閉症(まとめ記事)
自閉症に最新情報を掲載しています。