2016年04月26日

震災で取り残される障害者

発達障害者配慮なく=避難所入れず物資困窮−家族ら「無理解を痛感」・熊本地震

 またもや無理解を痛感させられる発達障害者とその家族。

 私たちも他人ごとではなく、きっと被災に遭えば避難所は

利用できず車中泊かその被災地を離れる選択をしなければな

らいでしょう。震災の混乱の中で理解してもらうのは難しい

状況ですが、政府や自治体には社会的弱者である障害者に配

慮の徹底をお願いするしかない。






発達障害児者の防災ハンドブック―いのちと生活を守る福祉避難所を -
発達障害児者の防災ハンドブック―いのちと生活を守る福祉避難所を -








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック