2017年05月16日

認知度広がり増加傾向の発達障害 しかし彼らの理解はまだまだ不十分

 今や約15人に1人の可能性があるとされる発達障害は自閉症、学習障害、

ADHD(注意欠如多動性障害)などの病気の総称です。


 発達障害の認知度や理解は以前に比べて広がる一方ですが、未だに身勝手

やわがままなど偏見で見られる人も多いのが現実。

 大人でもある発達障害の理解を広げ実情を知ってもらうことが大事です。



※詳細はこちらから























この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449937428

この記事へのトラックバック
どんどんなぞが解明していく自閉症(まとめ記事)
自閉症に最新情報を掲載しています。