2020年09月28日

内定をもらいました!







 7月の現場研修先のB型の事業所から内定をいただいたと

先生から連絡を受けました。


 おめでとう!


 この内定は、学年全体でも早い方だということです。これも

新型コロナウイルスの影響だと思われます。


 また、私たちとすれば同じようにすんなり現場研修を受けて

何もなければ決まると思っていると思いきや、その裏でやはり

競争があるようです。それも他の児童が決まっていない実情。


 私たちと同じように人気ある事業所においては競争があると

改めて知ったわけです。


 そして、事業所様から「ぜひ」と言われたことは光栄です。



























posted by mitsutomi at 17:36| Comment(0) | 8 子どもと成長する育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

暴力は意思表示2




 自閉症児にとって暴力は避けられない問題です。


 以前、子をプレハブ檻小屋に25年間に閉じ込めてい

たという事件がありましたが、この子は知的障害で日常

敵に暴力をしており、それに困った親が背景にあります。

 同じような子を持つ親は同情を覚えますが、やはりこれ

も親の責任でしょう。

 そうしなくても、親と普通に生活をして居る知的障害者

も多いわけですから。


 ただ暴力を暴力と思っていないのが自閉症児に多く、そ

れが解決を遠ざけてしまうことも少なくありません。


 コミュニケーションが苦手な彼らにとって、暴力が意思表

示になっていることも多いわけですから。

 暴力を振るうと相手は痛がったり大きな反応を示しますから、

それがコミュニケーション、自分の問いに対する反応だと思う

かもしれません。

 私の息子も暴力をします。するといっても抓ったり、軽い頭

突き程度ですが、された方はやはり嫌なもの。


 いつも、されれば「暴力はいけない」とがっつり怒るのです

が、それに対して下を向くも根本的に理解?と思うところでし

た。

 ではどんな時にするか?と考えれば、小さな意思表示をした

いときであり、会話に参加したい,もう終わらせたい、今日はい

いといった彼らにとって表現しにくい意志表示がある場合です。


 それをつねったり、頭突きすることで状況を変化させるわけ

です。それが成功例として積みあがってしまう。


 意思表示の選択幅が狭いから暴力も使わざるを得ないかも

しれません。

 
 そんな時はカードや写真を掴手を意思表示させています。



























posted by mitsutomi at 10:21| Comment(0) | 8 子どもと成長する育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暴力は意思表示?




 育児をすることで避けられない暴力。


 親の暴力、虐待が問題になっていますが、逆の子が

親に暴力をすることで事件にまで発展していることも

少なくありません。


 ひと昔前なら思春期での反抗期での暴力が大半でし

たが、今や引きこもり8050問題で中年の息子が親に暴力

ということも珍しくありません。


 官僚トップにまで上り詰めた人が息子を殺害した事件の

動機は息子の暴力でしたから。。


 この子供が暴力をする原因には自分を見てほしい、構って

ほしいという心理があるようです。


 いわばまだ親の手のひらにいるわけです。そこから抜け出

すことで成長し、精神的に自立していく。


 それができない子供が上記のように大人になっても親の手

のひらのなかにいると。


 40〜50代と言えば団塊ジュニア世代。私もその世代ですが

これは子供や親だけの問題でもなく時代背景にあると思います。

 高度成長期で親は父は残業し家庭より仕事優先の社会で、い

つも留守。母は機嫌が悪く、子はそんな母親の顔色を見ながら…

 その鬱憤が消化されず大人になって暴力となって出てしまっ

た?

 

 自閉症児も暴力は大きな問題です。




続く


















posted by mitsutomi at 10:04| Comment(0) | 8 子どもと成長する育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする